1月黎明塾レポート②

1月「黎明塾」のお勉強(その②)

これからの時代は、日本人である私たちが、我が国の「ならわし」や「いわれ」を『知っておく』ということがとても大切です。

日本のならわし

元旦、新年の最初に汲む水のことを『若水』といいます。
そして、今年は一月二十八日が旧暦での元日でした。
若水を飲むと厄除けや邪気が祓えるといわれており、日本では、元旦の朝一番に、若水を汲み『命の水』を家族でいただきます。
そして、一年の始まりには、
「あけましておめでとうございます。」
「あいかわりませず、今年も一年よろしくお願いします。」
と、挨拶を交わしますが、では、お正月は、なぜめでたいのでしょうか?
日本には、古来より『言霊』という考え方があります。
言霊とは、言葉に宿っている不思議な力のこと。
『めでたい』という言霊を使うことで、今年一年をめでたい年にする。という縁起を担いでいます。
家族であっても、一年の初めには、おめでたい言霊で挨拶を交わし、佳い一年にしていきたいですね。

2017年睦月

2月の黎明塾は、2月26日(日) 午後1時半~です。
詳細は、こちらをご覧ください。 → クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です