7月黎明塾レポート②

 

*國体と天皇

天皇と、この国は切っても切り離せません。

なのに、 天皇のお役目は何か? なぜ、天皇が統べられているのか? などの質問にきちんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

本当の意味を知っている人は少ないけれど、天皇に親しみを感じ、誇りに思い、それが当たり前のことと感じ、受け入れている国民が多いです。

祭りと同じように、天皇制は、知らず知らずのうちに私たちの日常に馴染んでいます。

それは、とても有り難いことです。

しかし、陛下が、ご譲位を決意され、上皇にならせられる今、私たち日本人が、陛下の本当のお気持ち、ご真意をきちんと知らなければならなりません。

*平成28年8月8日

ちょうど一年前、 陛下が皇太子に御位を譲りたい、 譲位したい、と、ご発言されました。

大半の国民は、 もうお歳だしね、 ゆっくりさせてあげたいよね、 など、陛下のお身体のことを案じていました。

その国民の思い(世論)が後押しし、ご譲位という形へ進んでいきました。

*ご譲位と退位

ご譲位と退位 天皇が上皇になられるということは、退位ではありません。

天皇→退位→廃帝

天皇が退位されると、廃帝、廃されるのです。

天皇ではなくなる、ということです。

日本では過去に廃帝をしていないから、退位など存在しないし、あり得ないのです。

天皇→譲位→上皇

天皇は、上皇になられるということは、退位ではなく、ご譲位されるということ。

陛下がご譲位を望まれたのは、 身体がしんどいから。、隠居したい、 ということではありません。

陛下は、引退したかったのではなく、「御位」を譲り、「上皇」におなりになりたかった。ということを、私たちがきちんと理解し、受け取ることが、次の段階へ進むための大切な鍵となります。

*なぜ、8月8日のお発言になったのか。

玉音放送は、70年前の8月15日に放送されましたが、昭和天皇が終戦の気持ちをご決断されたのが、8月8日。

陛下の念いは、尊敬してやまない、父宮、昭和天皇と同じだということ。

陛下には、地球という惑星を未来永劫、平和に、という念いしかありません。

*上皇になられる。

それは、『祈りに専念する』という、陛下の決意表明であります。

では、そもそも天皇とは何か?

上皇になられたのち、何をされるのか?

天皇とは、 祭りの祭祀。 祭りを執り行う人。

天皇とは、私たちに代わって、 祈りを捧げる人。

祀ろう人。

天皇は、自分のためにではなく、大御宝(国民)のために天に祈りを捧げてくださっています。

天変地異を防ぎ、大御宝を幸せにすること、それができなかった時、天皇を退き、上皇になります。

より一層、祈りに身を捧げるために、上皇におなりになられるのです。

陛下がご即位されて、すぐの阪神大震災、阿蘇の噴火、東北大震災など。

陛下は、辛い29年をお過ごしになられました。

自身の念いでは、天変地異を抑えきれなかった。

陛下は、美智子様と共に、被災地を周り、被災者をお慰めしているように見えますが、これは、贖罪です。

陛下は、被災地を訪れ、自分の至らなさを詫びておられるのです。

*陛下の念い

①ご譲位される。
②上皇におなりになる。
③京都にお戻りになる。
④祈りに専念する。

現段階では、②上皇におなりになる、まで思いがとどきました。

この先、一番大切なのは、③京都にお戻りになる。ということ。

日本の都はどこか?

東京に遷都されていないということは、今でも日本の都は京都です。

天皇は、今も東京に長期出張中であるということ。

天皇が上皇になり、お住いになるのは、日本の都である、京都以外にはあり得ません。

陛下が上皇になり、祈りに専念するためには、日本の都である京都でなければならないのです。

今だからこそ、陛下の念いを形にするために、私たちが、天皇とは?上皇とは?ということをきちんと知ることが大切。

そして、陛下のご真意をきちんと受け取ることがとても大切であります。

7月黎明塾レポート①

「夏祭りと水の関係」

私たちは、夏といえば「祭」と、当たり前のように思っています。

日常の暮らしの中に、当たり前にそれがあって、知らず知らずのうちに、生活に馴染んでくれています。

これは、とても有り難いこと。

しかし、大切なのは、「楽しいだけの夏祭り」ではなく、その意味、いわれをきちんと知ること。

意味を知ることによって、今まで繋げてきてくれたご先祖様に感謝できるようになり、そして、次世代へ繋げていくことができるのです。

意味をきちんと知らなければ、祭はなくなっていき、人は、感謝することも忘れていってしまいます。

夏祭りは、水の祭り。

私たちにとって、とても大切な水。

我々が安穏に暮らせる元となる水。

その水を祈りによって、守ってくださっているのが天皇です。

ご先祖様は、自然と向き合い、苦労していたが、それ以上に感謝をしてきました。

物事をきちんと知ることが「感謝」に繋がります。

人間の根本の一番美しい思い、大切なものは「感謝」。

人の人たる所以は「感謝」できる。ということ。

このように、夏祭りは、楽しむだけの行事ではなく、私たちが自然に与えてもらっているものに感謝や祈りをささげているのです。

日本に伝え残っている物事の本当の意味は、もっと深いところにあります。

(黎明会理事長 中山貴英)

4月黎明塾レポート

4月の黎明塾のお勉強。
 

 
この宇宙は「音」と「数」でできています。
「数霊」「音霊」「言霊」
今回は「数霊」「数」のお話し。
 
数には、「かず」と「すう」があります。
 
「かず」スピリチュアル的な考え方。
1〜0の自然数には、一つ一つに意味と力があり、宇宙の真理が詰め込まれています。
「すう」合理的、現実的な考え方。
ものごとの単位で、数量を表します。
「かず」には、縁起のよい「数」と、そうでない「数」があります。
結婚式では、2で割り切れる数の「偶数」を嫌い、割り切れない数の「奇数」で、お祝いを包みます。
普通に考えれば、1万円より、2万円。3万円より、4万円。
金額は、多ければ多いほど嬉しいはずです。
しかし、2万円や4万円を貰って喜ぶ日本人は少ないと思います。
2や4などの、2つに割り切れる数字に、別れをイメージするからです。
「数の持つ意味」や「数の持つ力」は、多ければいい。だけではないことを教えてくれます。
このことからも、日本人である私たちが、知らず知らずのうちにであっても、2000年もの間、繋がってきている「数の概念」を持っているのがわかります。
なんとなく感じていた、「数の持つ意味」「数の持つ力」それをきちんと知ることが大切です。
 
現代では、当たり前に使われるようになったコンピューター。
最先端のコンピューターであっても、「数(1〜0)」と「陰陽(+ー)」で構成されています。
火と同様に「数の概念」に気づいていなければ、人はここまで発達していませんでした。
 
私たちにとって、なくてはならない「数」。
「数」には、奇数と偶数があります。
 
奇数は、1・3・5・7・9
・陽の数
・神の数
・奇跡の数
 
偶数は、2・4・6・8・0
・陰の数
・人の数
・偶然の数
 
奇数は、神の数(宇宙の方程式)
神の数は陰陽の「陽」
神の数と陽の数が重なる日のことを「重陽」の節句といいます。
この節句が日本人の背骨になります。
 
1月1日・神の日
元旦、お正月、初日の出、初詣
一年の始まりで、神様にご挨拶する日。
太陽がなければ、人は生きていけません。
人は、初日の出(太陽)に神をみます。
 
3月3日・女性の日
桃の節句、ひな祭り
神の次に大切なもの。母なる女性。
 
5月5日・男性の日
端午の節句、こどもの日
神の次に女性。その次に男性。
 
7月7日・男女の日
七夕
彦星と織姫は年に一回しか会えません。
人が子供を産めるのは、年に一回。
男女が合わさることによって、次に繋げる。
 
9月9日・子孫繁栄、不老不死
菊の節句
菊は長生きの象徴。
親から子へ、子から孫へ。
子孫繁栄で、自分の肉体を子や孫へ。
魂を繋いでいくこと、未来へ人を繋げていくことが不老不死。
 
このように、数は、地球が誕生して以来、この法則によって動いている。ということがいえるのです。
 
 

5月の黎明塾は、5月21日(日) 午後1時半~です。
詳細は、こちらをご覧ください。 → クリック

和の学び ~和の芸能の原点 能の世界に触れる 2017/03/18

能のこと盛りだくさんのこの日。
みなさまと学び、身近で楽しみました。

先ずは長田あかね先生(神戸女子大学古典芸能研究センター研究員)と中山理事長による対談から。


 
そして井戸良祐氏(能楽師)の解説と謡で、装束をつ けて能『羽衣』を披露していただきました。


 
懇親会の前には会場に能の面や装束の展示をしていただき、まるで能舞台にいるみたい。


 
極めつけは懇親会で井戸氏のご厚意によりまして、お客様に装束と面を体験していただきました。
みなさま体験の順番待ち、大盛況。

 

きもののお客様も大勢!うれしかった!

 

ご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
長田あかね先生、井戸良祐さん、林本大さん、ありがとうございました。
おかげさまで大盛況のなか催すことができました。

次回もお越しくださいね。6月17日(土)です。

1月黎明塾レポート②

1月「黎明塾」のお勉強(その②)

これからの時代は、日本人である私たちが、我が国の「ならわし」や「いわれ」を『知っておく』ということがとても大切です。

日本のならわし

元旦、新年の最初に汲む水のことを『若水』といいます。
そして、今年は一月二十八日が旧暦での元日でした。
若水を飲むと厄除けや邪気が祓えるといわれており、日本では、元旦の朝一番に、若水を汲み『命の水』を家族でいただきます。
そして、一年の始まりには、
「あけましておめでとうございます。」
「あいかわりませず、今年も一年よろしくお願いします。」
と、挨拶を交わしますが、では、お正月は、なぜめでたいのでしょうか?
日本には、古来より『言霊』という考え方があります。
言霊とは、言葉に宿っている不思議な力のこと。
『めでたい』という言霊を使うことで、今年一年をめでたい年にする。という縁起を担いでいます。
家族であっても、一年の初めには、おめでたい言霊で挨拶を交わし、佳い一年にしていきたいですね。

2017年睦月

2月の黎明塾は、2月26日(日) 午後1時半~です。
詳細は、こちらをご覧ください。 → クリック

黎明会会員の皆様と伊勢神宮正式参拝へ

2017年丁酉1月24日。

黎明会会員の方十数名と伊勢神宮に新年の正式参拝に参りました。

神宮には珍しく粉雪の舞う厳しい寒さの中、宇治橋を渡り、先ずは神宮の貴賓室で鷹司大宮司様に新年のご挨拶、一時間余りご講話頂きました。
続いて神楽殿にてお神楽の奉納と祝詞の奏上。
そのあと御垣内での正式参拝を行い、美しき和の心とその文化の弥榮を祈念して参りました。
大宮司様、大変お忙しい中ありがとうございました。

1月黎明塾レポート

1月「黎明塾」のお勉強

これからの時代は、日本人である私たちが、『日本』というものを『きちんと知る』ということがとても大切です。
『日本をきちんと知る』
そのためにあるのが、黎明塾です。

今年の干支は「丁酉(ひのととり)」
観命学で読み解く丁酉歳とは?

丁酉歳
皇紀2677年
※皇紀ー日本ができてからの年号(日本は2000年以上続いている国だということを知ることが大切)
西暦2017年
※西暦ーキリスト暦(統一化して使われている)
六十年に一回まわってくる今年の丁酉歳は、どのような性質なのか、観命学の視点から読み解いていきます。
丁酉を陰陽五行で表すと、
丁は、「火」の「陰」
酉は、「金」の「陰」
一般的には、火と金の関係を相剋といい、「火剋金」火が金を剋すので相性が悪いと言われますが、丁は、火は火でも穏やかな「陰」の火です。
そして、金は、火で加工される鉄です。
鉄は火で鍛えられ、剣になることができます。
火と金を、丁寧に合せていくことで、新しい物を作り出すことができるということになります。
相性が悪いからと、悪いと決めるけるのではなく、性質を見極め、よい所を見ることで、悪いとされているものも、そうではなくなるのではないでしょうか。
酉には「かもす」という意味があります。
お酒が樽で熟成されるように、物事を熟成させる。

来年の戊戌歳(2018年)に向け、今年は、形を整えていくことが求められます。

丙申歳(2016年)
事明らかに改まる年。変革の年。新たな気づきの年。

丁酉歳(2017年)
ものがかもされ、熟成し、新しい物が生み出される年。形になる年。継続の年。

戊戌歳(2018年)
物事がしっかりと固まる年。完成の年。

来年に向け、今年一年をどう過ごすか。
継続の質が問われる一年になりそうです。
2017年1月

2月の黎明塾は、2月26日(日) 午後1時半~です。
詳細は、こちらをご覧ください。 → クリック

<御礼>一般社団法人黎明会の発足記念式典

10月8日一般社団法人黎明会の発足記念式典を恙無く催す事ができました。

ご列席を賜り、記念講演までして頂きました伊勢神宮大宮司鷹司尚武様をはじめ、ご来賓の方々、また暖かいご祝電をたまわりました春日大社花山院宮司様、成駒家四代目中村鴈治郎様、直木賞作家朝井まかて様他多数の方々に、そして何よりもこの発足式典にご多忙中にも拘わらず御参列くださいました皆さまにこの場をお借りしまして心からお礼申し上げます。

まだ緒についたばかりの会では在りますが、この後も世界が幸せで有るために「和」の心をつむぎ、つなぎ、伝え残す活動を一歩家重ねて参ります。

今後共お力添え賜りますようお願いいたします。













七月松竹大歌舞伎 五代目 中村雀右衛門襲名公演

上方歌舞伎ゆかりの大名跡中村雀右衛門の襲名公演が、七月道頓堀松竹座で行われました。

二代、三代と上方役者で、屋号も「京屋」襲名公演の前には天王寺にある歴代の菩提寺にお参りに訪れました。
先代は女形の名優で、五代目雀右衛門も将来に期待がかかります。
坂田藤十郎、片岡仁左衛門、そして成駒家中村鴈治郎等上方歌舞伎の大名跡が口上に連なり五代目雀右衛門の門出を祝し、華やかな舞台となりました。

そして終演後、場所を移しゲストに成駒家中村鴈治郎丈を迎えての懇親会でした。

懇親会では鴈治郎丈が、成駒家歴代について語ってくださり、更には上方歌舞伎の隆盛に向けての熱い思いも語られ、今後この環を大きなものとして上方歌舞伎と上方芸能の発展の為の支援の窓口として当法人もご協力させて頂きます。